HOME > 建築・設計関係者様 > 施工実績 > 福岡国際会議場

施工実績



福岡国際会議場 施工時の記録

ペアガラスの横連窓カーテンウォールへの挑戦

福岡国際会議場の南面カーテンウォールは、1枚300kg前後(W1000×H2500)の縦に長い大板ペアガラスが何十枚も横に連窓するため、品質の確保と工程通りに工事を完了させるスピードが求められました。



高い品質を確保しながら、作業効率を最大限に向上

工期を考慮し、ガラスの施工スピードを最大限に上げるために様々な施工法を模索。検討を重ねた結果、足場と躯体の間を自由に横に移動できる器具があれば効率よく施工できると考え、専用のガイドレールと吊り金具を開発し、ガラスを運搬し取り付けをしました。
この施工方法は、従来の一回一回ガラスを吊り上げて施工する方法よりも格段に効率がよく、且つ安全にガラスを施工することができました。

当時製作したガイドレールと吊り具




縦長大板ペアガラスが連なる、南面カーテンウォール


西面のカーテンウォール



短い工期でしたが、無事に施工完了。施設全体に多様されたペアガラスが、福岡の海の玄関口を美しく演出します。


スタッフのコメント

生田 興一  本社 工事部 1課

ガラスを横移動するための専用のガイドレールと吊り金具を開発・製作し、実際現場でスムーズに施工できた時は、格別の想いでした。従来の毎回下から荷揚げして施工していく方法に比べるとかなり効率よく施工できたと思います。現場や工期に応じた臨機応変な対応力・発想力は森硝子店の強みですし、ガラスのプロフェッショナル集団としての腕の見せ所でもあります。またこの現場においては他職間の職長同士のコミュニケーションがよく取れていたので全体の作業がスムーズにいきました。


施工概要

建物名称福岡国際会議場竣工年月2003年2月
建物用途コンベンションホール、会議場主な施工商品ペアガラス ※カーテンウォール部分
建物構造SRC造・一部RC造
地上6階・塔屋1階
工事概要外装・内装ガラス工事
所在地福岡県福岡市博多区石城町工期2002年6月~2003年2月

ページの先頭へ

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

インターネットでのお問い合わせ


受付時間:平日 9:00~18:00(祝祭日・年末年始・夏季休暇等を除く)


このページのTOPへ

主要取引メーカー AGC 旭硝子 セントラル硝子株式会社 日本板硝子株式会社 LIXIL YKKap 3M BX文化シャッター 三和シャッター TOYOShutter